もしもめまいが発生したら

病院薬剤師と東洋医学研究の経験を活かして、全国におられる「めまい」をはじめ
「メニエール氏病、症候群」にてお困りの方の為に、お役にたてる情報をお送りします。
少しでも皆様の症状が和らぎますように。

本文へジャンプバナー
             

 あわてずに対処しましょう。


前兆をつかんで

めまいはいつどこで起きるかわかりません。メニエール病は
めまい発作の前兆があることもあります。耳鳴りや耳のふさ
がったような感じ、軽いふらふら感、頭痛などです。
前兆はその人によって違いますが、今までの経験から自分自
身の前兆を自覚している人もいます。そのような前兆を感じた
ら自宅で過ごすようにしましょう。 しかし、自宅だけではなく、
外出先で起きてしまうかもしれません。
めまい発作が起きたら、まわりの人に協力してもらい、休める
場所につれて行ってもらいます。自分はもちろん、周囲のひと
もあわててはいけません。周囲のひとに、それがメニエール病
の発作であり、心配する必要はないことを伝えてください。

また、この発作はめまいの程度が激しく、飲食物を吐いても生
命に関わるようなめまいではないことや、数時間の安静でおさ
まることを伝えてください。 

横になって                   

めまいが起きたらまず横になりましょう。メニエール病のめま
いの多くは、難聴のあるほうの耳を上にして寝ているほうが
楽だとされていますが、どちらを上にしても結構です。
ご自身が楽であれば仰向けでも構いません。 眼はあけてい
るより、閉じているほうが楽です。大きな物音は、メニエール
病の人にとって大変耳障りです。また、落ち着いてきためまい
を増悪させる危険があります。できるだけ静かな環境で休み
ましょう。

動いているものを見ると気持ちが悪くなるので、テレビは消し
ておき、なるべく、ひとの出入りも控えてもらいましょう。
トイレに行くときには、付き添ってもらうようにしましょう。強い
めまいのときは自分で歩くことは無理でしょう。
食事は無理してとる必要はありません。メニエール病以外に
病気がなければ、吐き気がおさまるまで水分だけにして、食
事をしないほうが楽でしょう。また、嘔吐するといけないので、
枕元に洗面器をおいておくとよいでしょう

お薬を                      

メニエール病のめまい発作を度々繰りかえす人には医師か
ら定期的な処方がなされていると思います。しかし、薬を飲
んでいてもめまい発作が起こることがあります。このような時
のため、主治医からめまい発作が起きたときに内服するよう、
薬が処方されることがあります。めまいを抑える薬や、吐き気
を抑える薬、抗不安薬(精神安定剤)などです。頓服薬を飲ん
で安静にしましょう。抗不安薬を内服すると頭が少しボーッと
する感じになり、めまいや動けないことの苦痛が軽くなります。
また、短時間で眠ることができ、軽い発作であれば目が覚め
たときにはめまいは治っています。


  相互リンク  動悸 | めまい | | 奈良県の漢方薬| 快便セットラクシュミ|