メニエール病の診断基準について

病院薬剤師と東洋医学研究の経験を活かして、全国におられる「めまい」をはじめ
「メニエール氏病、症候群」にてお困りの方の為に、お役にたてる情報をお送りします。
少しでも皆様の症状が和らぎますように。

本文へジャンプバナー
             

 メニエール病の診断基準とは?


三半規管のめまい
すなわち「メニエール病」と呼ばれる為には


【厚生省メニエール病調査研究班】

1. 回転性めまい発作を反復すること
 ・めまいは一般に特別の誘因なく発来し、嘔気、嘔吐を伴い、数分ないし
  数時間持続する
 ・発作の中には「回転性」めまいでない場合もある
 ・発作中は水平回旋混合性の自発眼振をみることが多い
 ・反復性の確認されない初回発作では、めまいを伴う突発性難聴と十分
  鑑別されなければ
  ならない

2. 耳鳴、難聴などの蝸牛症状が反復、消長すること
 ・耳鳴、難聴の両方またはいずれかの変動に伴いめまい発作をきたすこ
  とが多い
 ・耳閉塞感や強い音に対する過敏性を訴える例も多い
 ・聴力検査では、著明な中・低音部閾値変動や音の大きさの補充現象陽
  性を呈することが多い
 ・片耳罹患を原則とするが両耳の場合もみられる

3. 1,2の症候をきたす中枢神経疾患、ならびに原因既知のめまい、難聴を
  主訴とする疾患が除外できる
 ・これらの疾患を除外するためには、問診、一般神経学的検査、平衡機能
  検査、聴力検査などを含む専門的な臨床検査を行い、ときには経過観察
  が必要な場合もある

  〜診断基準〜
  確実例 1,2,3の全条件を満たすもの
  疑い例 1と3 または2と3の条件を満たすもの

                                 


  相互リンク  動悸 | めまい | | 奈良県の漢方薬| 快便セットラクシュミ|